FunBizのシステム環境

FunBizとは

クラウド販売管理システムになります。
販売管理とは見積り、受注、発送、入金、仕入れなどの流れを管理します。
既存製品だとパッケージ製品が多いのですが、FunBizはインストール不要でブラウザでアクセスして即利用することができます。

サーバーサイド

Ruby 2.4.3
Ruby on Rails 5.1.6

フロントエンド

Reactを利用しています。
webpackerを利用してJSライブラリを管理(名残でSprocketsも併用中)

全部がReactになっているわけではなく(SPAではない)、動的な箇所がおおいところをReactで対応(react-rails)。
その他はerbで(turbolinksと併用)

ジョブ(非同期処理)

メール送信、エラー通知(Slack)、ファイルアップロードなど時間のかかる処理はジョブで処理をしています。
ジョブはsidekiqを利用

ミドルウェア

Nginx 1.12.1
Puma 3.11.4
Redis 3.2.11
memcached 1.5.4

DB

MySQL 5.6

サーバー環境


ステージング

Herokuを利用
Puma、Sidekiqのプロセスをhobby dynosで立ち上げ
Heroku Redisを利用
DBはAWS RDSに接続

本番

AWSを利用
・EC2(負荷状況によりautoscaling)
・RDS(MySQL)
・ElastiCache(Redis)
・S3(画像保存など)
・ALB
・CloudFront
・SES

デプロイ

ステージングはHerokuに自動deploy(developが更新されると)
本番はAWS Elastic Beanstalkを利用(masterが更新されるとdeploy)

CI環境

SideCIを利用して自動コードCheck
テストコードが充実してきたら、テストを流すCIも入れたい(利用顧客も増えてきて影響範囲が大きくなってきたので、テストコードを誠意作成中)

おわりに

前回はねこすたの環境をお伝えしましたが、今回はFunBizの環境を簡単にお伝えしました。
初回無料トライアルもありますので、ぜひご利用ください!
https://www.funseek.biz/

※各記載あるバージョン番号は18/08/02 時点のものとなります。

コメント

このブログの人気の投稿

メッセージUIライブラリMessageKitの紹介

YPImagePickerで加工動画が変換できない

AWS DEV DAY 2018に行ってきました